2017年02月17日

長久手の城〜長久手城編〜【投稿者:少年記者F(親子記者)】

@.JPG 

 こんにちは!今回も長久手にあった四城のうちの制覇している城を見ていこう。今回は長久手城だ。
 長久手城は一番エピソードがあった城かもしれない(長久手四城の中で)。そのエピソードを紹介しよう。

A.JPG

 1582年、天下を取る目前で織田信長が明智光秀に討たれた。
信長家臣 羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)は、真っ先に秀光を討ったので勢力を伸ばした。信長と同盟(清州同盟)を結んでいた徳川家康も着実と力を付けていた。
 そこに信長の次男(本当は三男?説も有!)織田信雄(のぶかつ)が、「秀吉はわしらの家臣のくせに、力を伸ばしやがって」と家康に助けを求めた。「主君の子の命令」という大義名分(攻める理由)を得た家康は、秀吉と対決することを決意した。
 ここまでは、僕が考えた、長久手城のエピソードの背景だ。ここからが、本当のエピソードである。

B.JPG

 長久手城主 加藤太郎右衛門忠景(かとうたろううえもんただかげ)は、家康方についた丹羽氏の岩崎(いわさき)城(日進市)に応援として行く。
 しかし、秀吉の空になった岡崎城(岡崎市)を攻めるという『中入り作戦』を実行中だった信長の乳兄弟 池田恒興(つねおき)の軍が、岩崎城の前を通る。
  丹羽氏は、「ここで敵を食い止めて家康様にお知らせする」と言って池田軍に攻撃した。もちろん、忠景もそれに加わる。ということで、戦いが起こった。「岩崎城の戦い」である。だが、城は一時間余りで落城してしまった。なので、忠景は戦死する。
 城主がいなくなった長久手城は(長久手城は攻められていない)、廃城となってしまった。
 というエピソードである。いかがであっただろうか。仲の良い丹羽氏のために死ぬ忠景とそれにより廃城になる長久手城。切ないであろう・・・。


C.JPG 

 今回は、長久手城について見てきた。本文が長くてデータ的なことが、書けなかった。
 なので、今回もデータを書いた。詳細はそちらへ。では、また来週。

少年記者F(親子記者)

<データ>
城主・・・加藤太郎右衛門忠景
堀割り・・・幅3〜6m 深さ1.7〜7.5m
構造・・・東城と西城が並立する連郭構造。

<参考>
○長久手市文化財マップ(生涯学習課に有!)

posted by 長久手市市民記者 at 10:31| 長久手の歴史・史跡・街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

市民記者のご紹介と交流ミーティング【投稿者:ルイ】

【 市民記者のご紹介と交流ミーティング】

ルイです。2017年最初の記事です!遅ればせながら今年もどうぞよろしくお願いします。


ところで皆様、そもそもですが市民記者ってどういうものかご存知でしょうか。


「・・・・・・?」


という方へ!

今日は市民記者の活動についてご紹介したいと思います。先日、市役所情報課の方と市民記者の交流の場、【わいわいサロン】が行われ、もっと盛り上げていきましょうというミーティングが開催されました。

その内容や活動についてまとめましたので、どんどん色んな方に注目される存在になっていけたらいいなと思います。



市民記者とは

市民の方なら誰でもなれます。(市役所に申請して登録する必要があります。)

自由なテーマで市内や身近な出来事についてブログ形式で紹介するのが主な活動です。


目的

長久手市の魅力や情報を、市民目線で発信すること。街を盛り上げるお役に立てれば幸いです。


メンバーは

現在6人が登録しています。


今回集まったのはこちら


写真1.png


左から

長谷川さん(市役所情報課)

―加藤さん(記者。市民歴30)

ファーストサーブさん(記者。市民歴40)

柴田さん(市役所情報課)

ルイ&我が子たち(市民歴2)


ミーティングでは子供たちが騒いで申し訳なかったですが、皆さんやさしく見守ってくださり和やかな意見交換会でした。


これまでの活動について

わたしはまだ経験が浅く、市民記者として手探りで活動していますが、登録記者さんたちはみなさん活動も市民としてもベテランさん。魅力発信を通じて【防犯】【地域のつながり強化】など、街のあるべき姿を見据えて市民記者の活動をされていらっしゃいます。


市民記者には市からの要請や制約はありません。それを生かして記者がそれぞれに目的を持って個性ある活動ができることも大切なことだなと感じます。



今後の活動について

記者としてみなさん読んだ方のリアクションを参考にしたいという要望がありました。なかなか現在の形式上ブログは一方通行なので、わたしも手応えを感じ辛いです。読んだ方の感想や、どういう記事のニーズがあるのかは何らかの形で知りたいと感じています。

市民の方とつながりが薄いことが一番の課題でしょうか。なかなかこのページが浸透していないというのも悲しい事実です・・・たくさんの方に見てもらってこその活動なので今後はそういった面が強化できることが目標です。


校区記者について


まだ企画段階ですが小学校区ごとに記者を配置して、より身近な話題を記事にし、より身近な人と共有してもらおうという案があるとのこと。時に紙面化して共有もしやすいし、記者の方が増えることは長久手を盛り上げる人が増えるということ!とてもいいですよね。


写真2.png


対策

すぐできるものとして、今後は新規投稿があった際に市役所内にお知らせしてくださることになりました。拡散するということに加えて、記事の内容に関連する各部署などで話題になれば市民の声が届きやすくなるという狙いです。



本当にこう考えると、活動としては市民記者のブログではありますが、目的は『長久手の話題を市民で共有すること』だと思います。



そのために少し議論となった課題をいくつか挙げると・・・



課題@使いやすさを改善して利用者を増やす!


たくさんの方に訪問していただきたいのですが、市民記者ブログを見る主な方法は、長久手市のホームページから


3.png



【 市民記者ホームページ】というところをクリック。

なのですが・・・これが何のページなのか気が付かない方も多いかもしれません。


新しく記事が投稿されるとツイッター(現在フォロワー数178)、フェイスブック(179)で拡散してくださっているのですが、利用者数の向上のためなにか出来ることがありそうですよね!是非みなさんのアイデアも参考にしたいのですが、そういう交流が気軽にできないのがやはり残念です。


わたしが感じるブログの課題としてはほかにも

コメント欄がほしい(読んだ方の反応を残してもらう)

直接インターネットで検索してもなかなか出てこない。

個々の記事も雑多な内容が新着順に並んでいるだけなので、過去のものに目が届きにくい。

など。


長久手市の様々な魅力や情報を「知りたい」と思った人により届きやすく、またもっと利用しやすいものになるといいですし、記者としてもそういったことを意識して活動していこうと思います。



課題A記者を増やす

市民の方がどんどん身近な話題を取り上げられるようになれば、周囲の出来事にも敏感になり、活性化していくのでは・・・というもの。

ながくてフォトレポの活動のような市民参加型の取り組みが理想的という意見が出ました。先ほど挙げた「校区記者」の取り組みもそれに通じると思います。



課題B市内で活動されている方の情報発信用としても使えるのでは?


市内で様々に活動されている方を取り上げて、広報紙よりも気軽にそしてタイムリーにイベントを告知したり活動をアピールしたりできる場になれば、認知度も増しそうですね。


もっとみなさんの『おなじみ』になれるように、市民として地道にたくさんの話題を取り上げていこう!という気持ちになりました。


長久手市にはとっても可愛いクーテシガーナちゃんという広報担当キャラクターがいてくれるので、クーテシガーナちゃんにもたくさんお力添えしてもらって盛り上がっていけたらいいなと願っています!


まずは読んでくださったみなさまの「いいね!」をよろしくお願いします*\(^o^)/*



 4.png

posted by 長久手市市民記者 at 11:51| 長久手の市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする