2018年06月26日

■初体験!? 【投稿者:さいとう まこと】

6月21日(木)、長久手市議会を傍聴してきました。

はじめての傍聴です、ドキドキ。


日程表によるとこの日は、「本会議 一般質問」ということになっています。

議場は市役所2階、受付で住所と氏名を記入し、傍聴券をもらい入場します。

写真.png

議場の広さは、学校の教室を少し広くしたくらいでしょうか。

傍聴席から見て手前に市会議員さん、その向こうに市長さんとその他の執行機関の方々が向かい合って席に着きます。

傍聴席はと言えば、小さな机が付いたイスが20席ばかり並んでいます。


とりあえず前列の空いている席に着席すると、ちょうどど真ん中でした。

受付時にいただいた資料に目を通していると、どうやら定刻になったらしく唐突に声がかかり、起立!

傍聴者も起立!

うかつにも資料をばさりと落としてしまう筆者。

礼をして開会。


一人の質問者に与えられた時間は1時間のようで、大きな時計がカウントダウンしています。


質問と答弁は、それぞれ用意してあった原稿を読むだけかとなんとなく思っていましたが、そういうわけでもなく徐々に生の言葉のやり取りが交わされていきます。


そうこうしていると1時間はあっという間に過ぎ、一時休憩。

私は二人分の一般質問を傍聴し議場を後にしましたが、はじめてということもあり内容を理解するために頭はフル回転。

自分の市政への関心の低さが露呈してしまいました、やや反省。


しかし、イスが合わないのか座り方が悪いのか、少し腰が痛くなりました。


それから会議の様子は、本庁舎と西庁舎の1階にあるモニターテレビで視聴できるようですが、ネットでの生中継はされていません。

また、録画中継もありますが、アップされるまでにずいぶん時間がかかるようです。


ともあれ、政治を身近に感じる貴重な体験をさせていただきました。


長久手市議会ホームページ

http://www.city.nagakute.lg.jp/gikai/index.html

続きを読む
posted by 長久手市市民記者 at 09:58| 市民記者のつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日