2017年05月19日

長久手合戦史跡巡りbP 〜漢字10個で〜 【投稿者:少年記者F】

1.JPG


 今回からもう一つ新シリーズを始めよう。
  その名も「長久手合戦史跡巡り」だ。主に、長久手市文化財マップ(いつもの)に載っているものを紹介する。
 今回は、その内の桧ヶ根公園内にある、漢字10文字、堀久太郎秀政本陣地跡(ほりきゅうたろうひでまさほんじんちあと)に行ってきた。

2.JPG


 また、桧ヶ根公園の行き方は、下の方にある<データ>にあるので、そちらもぜひ。
 ではまず、堀久太郎秀政について簡単に説明しよう。もともとは、織田信長の家臣だったが、1582年に起きた本能寺の変で信長が倒れたため、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の家臣となった。そして、中入り隊(1584年の小牧・長久手の戦いで秀吉と徳川家康が衝突した際、家康の「本拠地 岡崎を攻める秀吉の部隊である)の4隊ある中の第2隊大将となった。また、軍監(いくさめつけ)(味方の軍がどれだけ戦功があるかなどをみる人。多分。)としても出陣した。
 でも、中入り作戦に家康は気付いた。そこで家康は、家臣にこの中入り隊の総大将でもある、第4隊大将の三好秀次(後の羽柴秀次、豊臣秀次)を攻めさせ勝利した。圧勝だった。その知らせを聞いた秀政は、徳川軍を待ち伏せした。勢いにのった徳川軍は、待ち伏せされた秀政軍に、鉄砲などで次々と倒れていった。

3.JPG


 この時の秀政の陣こそ、今回紹介する漢字10文字「堀久太郎秀政本陣地跡」である。つまり、桧ヶ根公園で戦、桧ヶ根の戦いがあったわけである。
 ついでに、写真を撮っている時に、多分皆さんご存知ない姉妹友好都市の
ワーテルロー市(ベルギー王国)との友好の樹を見つけた。

4.JPG


 では最後にデータを書いて、終わりとしよう、また来週。
                        少年記者F
                                    
<データ>
桧ヶ根公園への行き方
〇Nバス中央循環線「中央図書館」下車、徒歩2分
〇リニモ「はなみずき駅」下車、徒歩8分
<参考>
〇Nバスマップ
〇長久手市文化財マップ(生涯学習課にあり!)
posted by 長久手市市民記者 at 12:00| 長久手の歴史・史跡・街道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする