2015年01月21日

こんなところに「返却ポスト」が! 【TOMO】

今年の冬は例年になく寒さが厳しい!と思っているのは私だけでしょうか?

賃貸マンションの1室の風呂場では凍えてしまいそうな我が家の面々は、この冬すっかり温泉づいています。もちろん、今日も「長久手温泉ござらっせ」へ。


すると…おや?

こんなところに、長久手市中央図書館が設置した図書返却ポストがあるではないですか。


tomo返却ポスト.jpg


帰宅して早速図書館のホームページで確認すると、ありました。

『平成26年11月20日から、「福祉の家」と「西小校区共生ステーション」で、図書の返却ができるようになりました』

とのお触書。


tomo返却ポスト案内.png

確かに、住所地によっては「図書館へ何度も出向くのは大変」ということもありますよね。それに、「ちょっとどこかへ寄ったついでに図書を返却できる」のもありがたい。


こういう、ささやかだけども細やかなサービスが生活を便利にしてくれるって、嬉しいですね。








posted by 長久手市市民記者 at 17:59| ここが素晴らしい!長久手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

みんな持ってる?「あったかぁど」【投稿者:TOMO】

長久手市に引っ越して3年。

福祉が充実していて、子育てしやすい環境で、とても住みやすいまちだなぁ、と実感する日々です。

その1つが、この「あったかぁど」。


tomoあったかあど.jpg



「長久手市の広報紙や市役所で、なんとなく名前だけは耳にしたことがある」

「『あったかぁど』って、65歳以上にしか発行してもらえないのでは?」


「あったかぁど」についてよく知らない人って、意外と多いのではないでしょうか。「あったかぁど」は、長久手市に在住する12歳以上の市民に発行されるおトクなカード。


tomoござらっせ.jpg


たとえば、長久手温泉ござらっせの入浴料が700円→500円に割引になったり、協賛店・協賛施設で様々な優待を受けることができるのです。

(協賛店・協賛施設は長久手市HPhttp://www.city.nagakute.lg.jp/chouju/chouju/service/yutai/attakaado.html)に掲載)


「あったかぁど」は、市役所長寿課または福祉の家(長久手温泉ござらっせと同じ建物内)で交付してもらえます。

手続きはあっという間。

窓口で運転免許証などの身分証明書を提示し、申請書に記入すれば、その場で証明写真を撮影し、すぐにカードを発行してもらえます。

申請からカード発行まで、所要時間は5分ほど!


ほっぺたがチリチリ冷たいこの季節。

「あったかぁど」を作って、ござらっせのあったかぁいお湯に飛び込もう!








posted by 長久手市市民記者 at 17:05| ここが素晴らしい!長久手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする